--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

08.07

リバッチ粉せっけん その1

1ヶ月前に買ったこれ絵文字名を入力してください
DSCN0466.jpg
ステンレスの大きい鍋。

やっと使う日がきました顔(きらきら)



何を隠そうこの鍋、粉せっけんを作るために買った鍋なのですアップロードファイル
今日を迎えるこの日まで、箱から出されることなく、買った日のまま玄関に放置プレイされてました。


DSCN0467.jpg
この、チーズおろしで細かくされてた石けんたちも2ヶ月くらい放置されてたかな・・・。

1キロちょっとあります汗


さて、リバッチ粉せっけん作りに取り掛かりまーす!
参考にさせて頂いたのは、ゆりくまさんという方のサイトです。

鍋に入れた、削った石けんたちに同量くらいの水を入れます。(私は適当に入れた・・・)

DSCN0468.jpg
中火くらいにかけて、ゆっくりかき回しながら溶かしていきました。
あ、これが過剰油脂かしら?というような部分が出てきました。


DSCN0471.jpg
弱火で、ゆっくり、焦げ付かないように底の方からかき混ぜながら溶かしまーすほっ
チーズおろしだと、石けん自体が細かいので簡単に溶けてくれましたよ。


DSCN0478.jpg
過剰油脂分を鹸化させるため、苛性ソーダ水を加えました。
石けん100グラムに対して、2グラム。
今回は1キロちょっとだったので、22グラムの苛性ソーダを使いました。
苛性ソーダは、約3倍の水で溶かすんですって。
なので、今回は苛性ソーダ22g+精製水66gを使いました。

どのくらいかなー?
30分くらい、煮立たせないように、ゆっくりかき混ぜて鹸化させました~。


DSCN0477.jpg
とりあえず、30%の塩用意。
普通の食塩ですよ。岩塩とか粗塩とかは塩析には向かないんだそーです。
ミネラルが多いから~。


少しづつ、塩を加えていきます~。
DSCN0479.jpg
なんか、塩入れたら白っぽくなってきた。

DSCN0480.jpg
塩を足しながら、必死こいて混ぜまーす汗
塩を入れるたびに、混ぜている石鹸生地が軽くなって、シャバシャバした感じになってくるの。
面白い感覚電球


DSCN0481.jpg
さらに塩を足していくと・・・おっ!
分離し始めましたよ~。
さらに、もう少し塩を足しました。
混ぜてる感覚は、ふわふわな感じ。

DSCN0483.jpg
石けん部分が浮かんで、まとまってきたので、5分くらいしてから火を止めました。


ここまでの感想は、意外と簡単♪
っていうか、フツーに石けん作るより簡単かな。

混ぜている時間も、普通に石けん作ってる時と変わらないし。


このまま放置して、仕事に行き、帰ってきたからもパチリ。
DSCN0485.jpg
さらに、ギュッとなって硬くなってました。
とりあえずは成功かな~ファイト


DSCN0494.jpg
取り出したとこ。
茶色い水分が付いてるので、サッと洗い流しました。
裏は、ブツブツ~


DSCN0486.jpg
残った水分。
なんかモヤ~っとしたものが・・・。
ちゃんと塩析できたみたいGOOD

今日時間があったら、2回目の塩析しようかなーはてな


参加してます☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

リバッチ 塩析粉せっけんトラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

うんうん、分りやすい。
在庫の石けん,私も一掃しちゃおうかしら?
粉石けんになってからの使用感も知りたい。

まころん:2009/08/07(金) 11:09:48 | URL | [編集]

分かりやすいですか?良かった♪

2回目の塩析後、洗い煮して完了する予定ですが・・・

使用感ももちろん報告します!



チモシーさん:2009/08/08(土) 10:53:19 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。