--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2012

04.22

塩析ー

おはよーございますー

春ですね~!
やっとこさ、春ですわー

さて。
石けん熱が上がってはいますが、材料がないってことで、
届くまでの間、何をしてたかと言うと、
塩析ですー。
人様にはお渡しできないような失敗作、酸化したやつなど、てんこ盛りだった石けん棚を
リセットすべく動いておりました!
DSCN9980.jpg
これで2キロかな。
手が疲れた~(汗
でも、これでもまだ半分なんだけどねぇぇ 笑

ま、一度には出来ないのでとりあえず2キロで!
DSCN9996.jpg
石けんと同量くらいのお湯を沸かして、石けんを投入します。
石けんにお湯を注ぐと、折角細かくした石けんがくっついちゃって大きい塊になったりするので、
わたしは沸かしたお湯に石けんを入れていきます。
これは一晩放置してから、火に掛けてグルグルして溶かした写真。
ここに苛性ソーダ水を入れて、鹸化してない部分も鹸化させて石けんにしてしまおうというな。
石けん100gに対して2gの苛性ソーダを3~6倍の水で溶かします―。
今回は石けん2キロなので40gの苛性ソーダを120gの水で溶かしますた。
30分くらい弱火で混ぜて、その後30分くらいは保温して鹸化させますー。
最初は、固形の石けんを溶かすために水が多めなので、あとで扱いやすくしたいならば、
ここで出来るだけ水分を飛ばしておくといいかもー


んで、塩をすこしずついれる。
DSCN9983.jpg
水と石けんが分離してくるまで、いれては混ぜ繰り返しますー。
石けんがプカプカしてくるのでわかりますー。

塩析1回目終了w
DSCN0005.jpg
水分を飛ばすのをめんどくさがったため、ドロドロwww
でも、ちゃんと取り出せるから大丈夫よw

残った水はこんなに真っ黒ー。
DSCN0003.jpg

そんなこんなで、2回目3回目と塩析しましたー。

これは2回目終了後↓
DSCN0008.jpg
2回目からは水分が少なくても溶けるので、塩析後の石けんも固まってるでしょ?

汚いとこは取りました。
DSCN0012.jpg


んで、3回目↓
DSCN0016.jpg
画像はここまでw
完全に真っ白にはならないけど、結構綺麗になります。
水と石けんの境目はどうしても汚いのが付着しちゃうので、削りとるか、洗うかした方がいいかな。
あとは、再度溶かして型で固め直しますー。
んで、家事用の石けんになります。
しばらくキッチンソープ作らなくていいかな(笑

あと半分も、早めにやらないとだ。。( ;´Д`)


ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

リバッチ 塩析粉せっけんトラックバック(1)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

まとめteみた.【塩析ー】


おはよーございますー春ですね~!やっとこさ、春ですわーさて。石けん熱が上がってはいますが、材料がないってことで、届くまでの間、何をしてたかと言うと、塩析ですー。人様にはお渡しできないような失敗作、酸化したやつなど、てんこ盛りだった石けん棚をリセットいて...

2012/04/22(日) 14:45:35 | まとめwoネタ速suru

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。