--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2012

07.27

透明石鹸を一緒に作ろう~2回目

あぢー!あぢーーよー!
ムシムシするよーー。
ってことで、こんばんは。
ちょっと放置してました。

何日か前に、またまたうさぎちゃんと透明石鹸を作りました♪
今度は色つきだよ~♪

色を付ける方法は色々考えたけど、
すぐに用意できるもの。というと、
うちの冷蔵庫に眠っていた、無水エタ原液で漬けたローズマリーちゃん。
1色じゃ寂しいし、量も多いので、もう1色。
すぐに色が出てくれるのっていったら、紫根♪
無水エタを入れるとすぐに紫いろになってくれるからね。
では、レポですー↓



今回はパームがないので、ラードで!
ちょっとドキドキ~。
DSCN9903.jpg
トレースが出るかも心配だったわー。
ラードってトレース遅いからー(T_T)
オイルは68度、苛性ソーダ水溶液は63度で合わせました。
混ぜ合わせる温度は60度以上であればそんなに気にしないことにしたw
トレースには1時間近く?かかったかな?



やっとボテボテに。
DSCN9906.jpg
ラード入りの生地ってなんか独特の質感だから、これでいいのかかなー?
って感じだっけど、時間もないのでいっかw



グリセリン・精製水・グラニュー糖を煮溶かしたのを投入~。
DSCN9911.jpg
こっから30分保温!


―30分後―
DSCN9914.jpg
お。いい感じですな。
この時は68度だったかな。
ここで、2色にするために2個に分ける。
もちろん、温度が下がってしまうので、先にふたつの鍋にお湯を沸かして
保温箱に設置して、スタンバイー。


いよいよ2色にしますよー。
DSCN9915.jpg
紫根をうさたん担当。
あたしはローズマリー担当だったので、ローズマリーの写真は取れなかったw
紫根を無水エタ原液に漬けたものに、無水エタを足してグラムを合わせました。
これね、朝漬けたのにこんな色なんだよー。



紫が一瞬でまっさおー。
DSCN9916.jpg
できれば空気に触れて紫に戻って欲しい。このままだと群青だわ・・。




2人がかりで濾しながら型入れw
DSCN9919.jpg
あ、画像のはローズマリーの方の型入れです。
わずかに緑、でもほぼ茶色ですw


ザルとボウルに残った生地。
DSCN9921.jpg
紫根の方は青いね。透明っぽくなってるけど、どうなるでしょう~


こっちはローズマリーの方。
DSCN9922.jpg
黄緑っぽい感じ。こっちも透明になってるぽい。


今回は迷った挙句、アクリルモールドにすることに。
DSCN9928.jpg
ラップをピッタリ貼って、下にキッチンペーパーで漏れなかったよ。


今回はウサたんの生地もを預かりました~。
DSCN9937.jpg
折角作ったのに、膜が入りこんでは悲しいからねw
家も近いからいつでも取りに来れるしねw
今回も、わたしは4時間後に冷凍。
ウサたんは常温で固めるってことに。ウサたんは1日経ってから冷凍したみたい。
どうなるかな~?


1日後~
DSCN9941.jpg
うーん。紫根のほうは底がベタベタなのー。青も回りだけで真ん中は茶色( ̄‥ ̄)
ローズマリーの方は上手くいったっぽい!

今は型からだして、洗って、カットしますた。
あ、画像はまだないw
後日アップしまーす♪♪


うさたん今回もありがとう~。
次はウル抽でやってみる?w

ぽちっとな。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

石けん製作トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。